品川支部ご案内

支部名 東京都社会保険労務士会品川支部
所在地

〒141-0031

 品川区西五反田2-12-15-304

電話 03-3490-0859
E−Mail  imaisr@mirror.ocn.ne.jp
支部長 萩原 知治

開業部会

<開業部会の抱負と今後の方針>

 前期に引き続き開業部会長に就任いたしました鈴木祐一郎です。

開業部会の主な活動としましては、支部長の補佐と各委員会と連携し円滑な支部運営を進めていくことです。

労務監査委員会の品川区指定管理業者への社労士チェック、研修委員会の各種研修、総務委員会の賀詞交歓会・総会、広報委員会のHP運営・メール配信、厚生委員会の支部旅行・統括支部開催のイベント等、日本商工会議所品川支部様への研修会講師派遣、区民相談等の行政協力の活動を各委員会とともに進めて参ります。

また、開業部会の単独の活動としましては、臨海統括支部としての開業塾がございます。開業塾は、これから開業される方や開業間もない方を対象とした研修をおこなっており、今期は、給与計算や年末調整実務についての研修を行います。

                                                   開業部会長 鈴木 祐一郎

勤務等部会

<勤務等部会の抱負と今後の活動方針について>          

この度、勤務等部会長に就任いたしました成沢と申します。

私は、勤務等部会を「お互いの顔がわかる部会」にしたいと考えております。

なぜなら、近年、勤務社労士は、長時間労働の削減、メンタルヘルス、ダイバーシティなど個人の力では解決策を見つけることが難しい問題が多いにもかかわらず、社内で相談できる方が少ないと感じるからです。

勤務会員のみなさんは、業務等の都合等により、支部活動に参加しにくい方もいらっしゃると思います。また、支部活動には興味はあるが、知り合いが少ないため、参加する気になれないという方もいらっしゃることでしょう。

そこで、勤務等部会主催イベントの回数を増やし、会員同士のコミュニケーションの向上を図りたいと考えております。具体的には、今期の活動方針として、「勤務等部会主催イベント」を複数回開催し、会員同士が話し合える機会を増やします。また、毎年2回開催されている「臨海統括支部主催勤務等部会イベント」の告知を積極的に行うことで、他支部の勤務等会員とも情報交換できるきっかけをつくってまいります。

支部活動に参加することで、社労士同士だから話せる本音の話し合いや、公には語ることができない自社事例など、書籍やインターネット検索するだけでは得られない仲間同士のつながりや、タイムリーな知識や情報を共有できる場をご提供できると考えておりますので、お気軽にご参加いただければ幸いです。

これからも支部活動を盛り上げ、勤務登録をしていて良かったと会員のみなさんに思って頂けるような活動を推進してまいりますので、今後ともご協力くださいますようよろしくお願い申し上げます。

                                                  勤務等部会長 成沢 威満男

総務委員会

<総務委員会の抱負と今後の方針>

 品川支部会員の皆様、今年度、総務委員会では、委員の先生方と一緒に、支部活動を円滑に進めることができるように活動してまいります。

 具体的には、支部における活動や会計等について報告を行う支部会議や賀詞交歓会等における受付業務や運営の補助業務を行っています。

 今年度は、新入会員の先生方に、品川支部の役員と活動内容を知っていただき、活動に参加しやすくなるように、懇親会等を実施する予定ですので、他支部から移動された方、新規に登録をされた方は、ぜひご出席ください。開業会員の方は、手続き等の不明な点を相談する先ができますし、勤務会員の方は、他の企業の情報収集のチャンスです。

 また、社労士として活動する中で、トラブルに巻き込まれることがないように、東京都暴力排除条例に関する研修を行いましたが、今年度も継続して実施する予定です。

 総務委員会では、名札(めいさつ)委員会を通して、品川労働基準監督署、品川公共職業安定所及び品川年金事務所における名札掲出希望者の受付と名札の管理を行っています。開業会員及び法人会員が対象とはなりますが、今年度も新規掲出希望者の募集を行います。

 品川年金事務所における年金特別アドバイザーについて、今年度は、総務委員会で担当しますが、年金特別アドバイザーになるためには、日本年金機構の社会保険オンラインシステム機器の操作が必須となりますので、その操作経験がある方は、ぜひご連絡ください。年金事務所から依頼される日数の枠がありますので、すぐにお願いできないかもしれませんが、登録しておいていただけると助かります。

 会員の皆様の、支部活動へのご理解と積極的な参加をお願いします。

 

                                           総務委員長

                                           年金事務所担当 副支部長 笹川 泰次

研修委員会

<研修委員会の抱負と今後の方針>

今期より研修委員長を拝命いたしました大野です。前期までは勤務等部会長として活動しておりましたため、研修については全くの素人ですが、皆様のお力をお借りしながら、品川支部の独自色を出しつつ、参加いただいた方々の実務に役立つ研修を開催してまいりたいと思います。尚、今期の研修委員会は11名での運営となります。

さて、今期の活動ですが、支部の独自研修は秋に開催の予定で現在検討・準備中です。また、品川支部主催・臨海統括支部共催研修については年明けを予定しております。港/大田支部主催・臨海統括支部共催研修についても品川支部の皆様もご参加可能ですので、積極的にご参加ください。その他に、臨海統括支部研修としまして、9月・2月に必須研修会が決定しており、労働法セミナーについては10月と2月に開催の予定です。このように支部研修・統括支部研修を含めますと数多くの研修の開催がございます。他支部や勤務等部会とスケジュールやテーマが重複しないよう調整しながら進めてまいります。相次ぐ法改正や労務管理をめぐる世の中の最新動向を捉えていくためには、研修を通してのインプットが必須であると強く感じます。研修をご活用いただき、日々の業務へ是非お役立てください。尚、「こんなテーマで研修をしてほしい」、「こんな講師の話が聞いてみたい」などのご要望がございましたら、研修の際などにお声がけいただければ幸いです。

会員の皆様の声を反映させるべく11名一丸となって取り組んでまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

                                                                             研修委員長 大野 知美

厚生委員会

<厚生委員会の抱負と今後の方針>

今年度から厚生委員長となりました望月と申します。

前委員長の今井先生から沢山のことを学び4年が過ぎましたが、いつになっても今井先生をはじめとして厚生顧問の方々に頼りきりです。

さて厚生とは何だろうといつも考えてしまいます。

会員の皆様に楽しんで頂けるイベントを企画する一方で、一番の目的は相互の親睦を図る場を作ること。これが大事なことだろうと思います。

勤務の方々は同僚・先輩・後輩と遊びに、またはお酒を飲みに行くこともあろうかと思います。

一方、開業の社会保険労務士は大きな事務所以外は同僚と呼べる存在が少なく、クライアント以外、誰とも話さない日もあるのではないでしょうか?

私も社会保険労務士となってから家族や友人と遊び、話す以外に他の先生方と話す機会は決して多くはありませんでした。

そんな時に周囲の先生方からイベントに誘われ、支部旅行に参加し、沢山の先生方とお話しする機会が得られ、素晴らしい仲間・先輩と出会うことができました。

考え方や仕事内容が違っても、同じ社会保険労務士の仲間ができたことだけでも嬉しく感じますし、話すことによって勉強になることもあります。

 

昨年は、臨海統括支部のジャズライブの集いや支部旅行の行先等を提案させて頂き、自分自身が楽しむ一方、「よかった、楽しかった」の声を多数頂きました。

今後も様々なイベントを企画し、楽しみながら出会いの場を作っていけたらと思っておりますので、厚生委員にお声をかけて頂き、ご意見をお聞かせ下さい。

 

最後に「遊ぶこと」は大事です。

支部内の遊びのお手伝いをしていきます。

 

                                                    厚生委員長  望月 一男

広報委員会

<広報委員会の抱負と今後の方針> 

今期より品川支部広報委員長を務めます小島孝浩と申します。

不慣れなこともありますが、前委員長の上田先生をはじめ、諸先輩方のご助言、ご指導を頂きながらしっかりやっていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まずは正確で迅速なお知らせ、ご案内を心掛けていきたいと思います。

 

広報委員会では、主に品川支部ホームページの管理と品川支部メーリングリストの管理及びメーリングリストを使った、品川支部、臨海統括支部からのお知らせご案内等の配信を行っています。ホームページは行事予定等を年に数回更新し、研修やイベント等をご案内しています。会員の方からの「お知らせのページ」もありますので、情報発信の場として活用して頂けたらと思います。掲載したいお知らせ等がありましたら、是非ご連絡ください。

広報委員会のもう一つの大きな仕事が、臨海統括支部の機関紙「りんかい」の企画、編集、発行です。大田、港、品川各支部で、行政(労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所等)のごあいさつ、統括支部の行事、会員活動報告等々担当記事の分担を決めて、編集作業に入るのですが、原稿を書いていただく方が限られてきている、偏ってきているのが気になっているところであり、課題だと思っております。今後はなるべく広く会員の皆様に原稿執筆のお願いをしていきたいと考えております。

皆様に喜んでいただける、わかりやすい機関誌発行を目指してまいりますので、活動報告等の原稿執筆の依頼があった際には、どうぞよろしくご協力下さいますようお願いいたします。

                                                     広報委員長 小島 孝浩

                                  

労務監査委員会の抱負

労務監査委員会の抱負

▲このページのトップに戻る