厚生委員会

<厚生委員会の抱負と今後の方針>

今年度から厚生委員長となりました望月と申します。

前委員長の今井先生から沢山のことを学び4年が過ぎましたが、いつになっても今井先生をはじめとして厚生顧問の方々に頼りきりです。

さて厚生とは何だろうといつも考えてしまいます。

会員の皆様に楽しんで頂けるイベントを企画する一方で、一番の目的は相互の親睦を図る場を作ること。これが大事なことだろうと思います。

勤務の方々は同僚・先輩・後輩と遊びに、またはお酒を飲みに行くこともあろうかと思います。

一方、開業の社会保険労務士は大きな事務所以外は同僚と呼べる存在が少なく、クライアント以外、誰とも話さない日もあるのではないでしょうか?

私も社会保険労務士となってから家族や友人と遊び、話す以外に他の先生方と話す機会は決して多くはありませんでした。

そんな時に周囲の先生方からイベントに誘われ、支部旅行に参加し、沢山の先生方とお話しする機会が得られ、素晴らしい仲間・先輩と出会うことができました。

考え方や仕事内容が違っても、同じ社会保険労務士の仲間ができたことだけでも嬉しく感じますし、話すことによって勉強になることもあります。

 

昨年は、臨海統括支部のジャズライブの集いや支部旅行の行先等を提案させて頂き、自分自身が楽しむ一方、「よかった、楽しかった」の声を多数頂きました。

今後も様々なイベントを企画し、楽しみながら出会いの場を作っていけたらと思っておりますので、厚生委員にお声をかけて頂き、ご意見をお聞かせ下さい。

 

最後に「遊ぶこと」は大事です。

支部内の遊びのお手伝いをしていきます。

 

                                                    厚生委員長  望月 一男

▲このページのトップに戻る